福祉・医療

A型作業所は手帳を取得していなくとも利用できる

 

 A型作業所に通所するためには、障碍者手帳は必須だと思っている方はたくさんいると思います。筆者も一時期は手帳なしでは利用できないと思っていました。

 

 実際のところは異なります。障碍者手帳を取得していなくても、A型作業所を利用することはできます。医師の診断書及び定期的な通院を行うことで、サービスを受けられるようになっています。(自治体によって異なるので細かい部分は確認しよう)

 

 A型作業所を手帳なしで、サービスを利用していた人と会ったこともあります。手帳を所持していることを前提としている思っていたため、驚きを隠せませんでした。その方は手帳なしで一年以上にわたって通所していたのを覚えています。(手帳を取ってほしいと作業所からいわれていたので、所持しておいたほうがよいと思われる)

 

 障碍者手帳は取りたくないけど、A型で最低時給をもらいながらリズムを整えたいという方もいらっしゃると思います。そういった場合は、医師や作業所に相談してみてはいかがでしょうか。解決の糸口をつかめるかもしれません。

 

*私は手帳なしで利用しないため、詳細についてはわかりません。医師や事業所に確認しましょう。

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 障碍者同士が尊重し合うのは困難を伴う
  2. 竹炭、竹酢などを製造するB型事業所の紹介
  3. 精神科の初診時にすること
  4. 豊富なプログラムを組んでいる、就労移行支援事業所(工賃も支給)
  5. 障碍者は職場で支援員(健常者)と親しくするのは難しい
  6. 榊原哲也『医療ケアを問いなおす-患者をトータルに見ることの現象学…
  7. 健常者と障碍者は異なる部分が多い
  8. 障害のある方でも福祉関係の仕事で働けるのか⁉

おすすめ記事

ワークライフ・ポニーズ (地図不明)

総合福祉(障害福祉、地域福祉、園芸福祉)主として障害者総合支援法に基づく障害福祉サービス(就労移行)…

つばさ亀山

適正な運営を確保するために人員及び管理運営に関する事項を定め、従業者が当該事業所の支給決定を受けた利…

ふれあいワーカーズ 

利用者に対して就労の機会を提供するとともに、生産活動その他の活動の機会の提供を通じて、知識及び能力の…

学び舎あいまいもこ 

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、当該利用者に対して、2年間にわたり、生活…

咲笑

利用者の意思及び人格を尊重して、常に当該利用者等の立場に立った適切な指定相談支援の提供を確保する。…

新着記事

PAGE TOP