福祉・医療

A型作業所は手帳を取得していなくとも利用できる

 

 A型作業所に通所するためには、障碍者手帳は必須だと思っている方はたくさんいると思います。筆者も一時期は手帳なしでは利用できないと思っていました。

 

 実際のところは異なります。障碍者手帳を取得していなくても、A型作業所を利用することはできます。医師の診断書及び定期的な通院を行うことで、サービスを受けられるようになっています。(自治体によって異なるので細かい部分は確認しよう)

 

 A型作業所を手帳なしで、サービスを利用していた人と会ったこともあります。手帳を所持していることを前提としている思っていたため、驚きを隠せませんでした。その方は手帳なしで一年以上にわたって通所していたのを覚えています。(手帳を取ってほしいと作業所からいわれていたので、所持しておいたほうがよいと思われる)

 

 障碍者手帳は取りたくないけど、A型で最低時給をもらいながらリズムを整えたいという方もいらっしゃると思います。そういった場合は、医師や作業所に相談してみてはいかがでしょうか。解決の糸口をつかめるかもしれません。

 

*私は手帳なしで利用しないため、詳細についてはわかりません。医師や事業所に確認しましょう。

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 障碍者が一般会社で働く難しさ1
  2. 歯は虫歯にならなくてもしみる
  3. 障碍の診断を受け入れる勇気をもとう
  4. 支援員に過度な期待をしてはいけない
  5. 障碍者支援の矛盾
  6. デイケアのプログラムについて【障碍者編】
  7. 自分のやり方を模索してみよう【障碍者編】
  8. 職場で様々な課題と直面する発達障碍者へのアドバイス

おすすめ記事

ワークセンターれもん

関係法令を遵守し、他の社会資源との連携を図った適正かつきめの細かな就労継続支援(B型)のサービスを提…

PEAKS神戸

1 利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、当該利用者に対して、生産活動その他の…

エルファ共同作業所

利用者に就労の機会を提供するとともに、生産活動その他の活動の機会の提供を通じて、必要な訓練その他の便…

リハビリー・おおぞら

リハビリー・おおぞらが行う、「障害者総合支援法」に基づく障害福祉サービスの就労継続支援B型事業の適正…

ステップアップおたる

就労の機会を提供するとともに、生産活動その他の活動の機会を通じて、利用者の自立促進及び地域での自立と…

新着記事

PAGE TOP