健康

オートファジーシステム(16時間断食)が注目されている

 

 人間の細胞にはオートファジーシステムがあります。

 オートファジーシステムとは細胞内のたんぱく質を分解するための仕組みの一つで、自食とも呼ばれます。オートファジーを活用することで、メンタルの安定に加え、糖尿病、動脈硬化、疾風、癌、クローン病などを防ぐことが明らかになっています。病気になりにくい身体を作ることができるといえるでしょう。

 オートファジーシステムをオンにするためには、16時間断食が有効とされています。オートファジーシステムは空腹にならないと機能せず、細胞を新しくすることはできません。上記の恩恵を受けられません。

 いきなり16時間の断食はきついという人もいるでしょう。その場合は12時間などの実現可能な時間を選択しましょう。平日は厳しいという人は、休日だけでも取り組んでみましょう。

 気をつけなくてはならないのは一時しのぎには有効であっても、長期間には耐えられない点。数日間の断食を続けると、自分の細胞を食い尽くしてしまいます。やりすぎると逆効果になることを念頭に起きましょう。

 人間に革命をもたらすかもしれないオートファジーシステム。興味を持ったのであれば、深く調べてみてはいかがでしょうか。自分の健康に繋がっていくかもしれません。

 

*理論そのものが難しいため簡潔に書かせてもらいました。こういう言葉があるんだと知ってもらえれば幸いです。

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 血液検査で血が出ない
  2. 発達障碍プロジェクト(発達障碍者向けサイト)
  3. 福祉施設の倒産が増えている
  4. 奇抜な発想が役立つ職業もある
  5. 障碍者にとって健常者はクラッシャーみたいなもの
  6. 障碍者がいわれたくない言葉:パート1
  7. デイケアのプログラムについて【障碍者編】
  8. 誤魔化しながら継続していく障碍者支援

おすすめ記事

レクリエイト

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、生産活動そ…

福祉農園 ハイテク

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、通常の事業所に雇用されることが困難な利用…

ワークス翔

【個人の尊重】本人の希望を把握し、専門的な視点で分析したニーズの実現にむけた個別支援計画を策定し、一…

ワークセンター・ひかり

事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労を希望する65歳未満の利用…

わかば第2作業所

わかば会の原点である「利用者が主人公」を基本に据えて、「あたりまえに働き、えらべるくらし」を地域に展…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP