福祉・医療

障碍者事業における理想と現実

 

 個人として数回、A型作業所に数ヵ所、在籍したことがある。

 支援者と接していて感じるのは、意思疎通が非常に難しいことにある。障碍に対する知識を持っていないため、話が噛み合わない。気付いていない人も多いけど、これが障碍者支援の現実(実態)なのである。

 発達障碍者の立場からすると、支援のベクトルが間違っているように感じる。座学で学んだ知識だけでは、障碍者を理解しきれていないのが現実だ。他のことで例えるならば、離婚、家族の事故死などが当てはまる。経験していなければ、真の意味で理解できない。

 障碍者事業は全ての障碍者に役立つのが理想。ただ、現実はそうなっていない。健常者として生まれ、後々に障碍者手帳を取得した利用者ならいいけど、先天性の障碍であった場合、意思疎通はほぼ不可能。一部にしか有効でないのであれば、支援機関としての機能を果たしているとはいいがたい。それを黙認しながら、支援を行っているのが現状といえる。

 福祉の理想としては当事者にやってもらえばいいけど、衝突が多くなってしまうという問題が起こる。障碍者は自分に正直な人が多いため、思ったことを口にしてしまいがち。そのことでトラブルを生むことになる。過去にいろいろといわれてきたため、他者の発言に敏感な人が多いのもマイナスといえる。

 一般人が支援者として働いているのは消去法なのかなと思う。理想と現実の狭間で、障碍者支援は困難と立ち向かっている状況。障碍をあまり気にしない支援者(当事者)を配置することで、理想に大きく近づく。

 理想と現実の狭間で動いている福祉事業、当事者のことを最優先にするならば、健常者の支援者を0にしていくことが望ましい。そうならない限り、前に進んでいくことはないだろう。

 

*発達障碍者としての感想です。他の障碍であった場合、異なることもあります。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 就職率の高い就労移行支援事業所(B型作業所併設)の紹介
  2. 自分の生き方を貫けるのは才能のある障碍者だけ
  3. 発達障碍プロジェクト(発達障碍者向けサイト)
  4. 発達障碍に向く仕事、向かない仕事
  5. 伊藤周平『社会保障入門』(ちくま新書):ケアを考えるシリーズ3作…
  6. 障碍者就労の理想と現実
  7. 障碍の診断を受け入れる勇気をもとう
  8. 障碍者枠に対する企業の考え方

おすすめ記事

夢つむぎ就労支援センター

通所による就労や生産活動の機会を提供するとともに、一般就労に向けた知識、能力が高まった者について、一…

BROOK梅田

フードラボ光明庵

法人理念「幸せと希望の輪」をひろげよう。 出来る人が出来るときにできることを…

ギャラリーヴィン

利用者が自立した日常生活を営むことができるよう、通常の事業所に雇用されることが困難な利用者に対して就…

リライアンスプレイス就労支援実務センター

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、当該利用者に対して2年間にわたり、生活活…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP