福祉・医療

障碍者事業における理想と現実

 

 個人として数回、A型作業所に数ヵ所、在籍したことがある。

 支援者と接していて感じるのは、意思疎通が非常に難しいことにある。障碍に対する知識を持っていないため、話が噛み合わない。気付いていない人も多いけど、これが障碍者支援の現実(実態)なのである。

 発達障碍者の立場からすると、支援のベクトルが間違っているように感じる。座学で学んだ知識だけでは、障碍者を理解しきれていないのが現実だ。他のことで例えるならば、離婚、家族の事故死などが当てはまる。経験していなければ、真の意味で理解できない。

 障碍者事業は全ての障碍者に役立つのが理想。ただ、現実はそうなっていない。健常者として生まれ、後々に障碍者手帳を取得した利用者ならいいけど、先天性の障碍であった場合、意思疎通はほぼ不可能。一部にしか有効でないのであれば、支援機関としての機能を果たしているとはいいがたい。それを黙認しながら、支援を行っているのが現状といえる。

 福祉の理想としては当事者にやってもらえばいいけど、衝突が多くなってしまうという問題が起こる。障碍者は自分に正直な人が多いため、思ったことを口にしてしまいがち。そのことでトラブルを生むことになる。過去にいろいろといわれてきたため、他者の発言に敏感な人が多いのもマイナスといえる。

 一般人が支援者として働いているのは消去法なのかなと思う。理想と現実の狭間で、障碍者支援は困難と立ち向かっている状況。障碍をあまり気にしない支援者(当事者)を配置することで、理想に大きく近づく。

 理想と現実の狭間で動いている福祉事業、当事者のことを最優先にするならば、健常者の支援者を0にしていくことが望ましい。そうならない限り、前に進んでいくことはないだろう。

 

*発達障碍者としての感想です。他の障碍であった場合、異なることもあります。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. モラハラ、パワハラで障碍者の雇用形態に変化をもたらす
  2. A型作業所の給料、B型作業所の工賃はどれくらいなのか?
  3. 結果主義は障碍者にとって生きにくい
  4. 薬の副作用でアカシジアになるとどうなるか
  5. 西武が本拠地開催の試合で障碍者割引を行う(当日限定)
  6. 障害のある方でも福祉関係の仕事で働けるのか⁉
  7. 発達障碍、精神障碍はもっと分かりやすく明記してほしい
  8. 障碍者が一般会社で働く難しさ2

おすすめ記事

株式会社エンジェルス

職業訓練と就労を通じて障害者の一般就労を目指すための意識を高めながら障害者と健常者の一体化した事業を…

和音堂

小竹の郷

障がい福祉サービス受給の支給決定を受けた利用者に対し、適正な指定就労継続支援B型を提供することを目的…

ドコモで顧客を侮辱したメモが渡された

  ドコモショップにおいて、「親代表の一括請求の子供なのでクソ野郎」と書かれた、メモ…

就労継続支援(B型)事業所 すてっぷあっぷ

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP