福祉・医療

障碍者事業における理想と現実

 

 個人として数回、A型作業所に数ヵ所、在籍したことがある。

 支援者と接していて感じるのは、意思疎通が非常に難しいことにある。障碍に対する知識を持っていないため、話が噛み合わない。気付いていない人も多いけど、これが障碍者支援の現実(実態)なのである。

 発達障碍者の立場からすると、支援のベクトルが間違っているように感じる。座学で学んだ知識だけでは、障碍者を理解しきれていないのが現実だ。他のことで例えるならば、離婚、家族の事故死などが当てはまる。経験していなければ、真の意味で理解できない。

 障碍者事業は全ての障碍者に役立つのが理想。ただ、現実はそうなっていない。健常者として生まれ、後々に障碍者手帳を取得した利用者ならいいけど、先天性の障碍であった場合、意思疎通はほぼ不可能。一部にしか有効でないのであれば、支援機関としての機能を果たしているとはいいがたい。それを黙認しながら、支援を行っているのが現状といえる。

 福祉の理想としては当事者にやってもらえばいいけど、衝突が多くなってしまうという問題が起こる。障碍者は自分に正直な人が多いため、思ったことを口にしてしまいがち。そのことでトラブルを生むことになる。過去にいろいろといわれてきたため、他者の発言に敏感な人が多いのもマイナスといえる。

 一般人が支援者として働いているのは消去法なのかなと思う。理想と現実の狭間で、障碍者支援は困難と立ち向かっている状況。障碍をあまり気にしない支援者(当事者)を配置することで、理想に大きく近づく。

 理想と現実の狭間で動いている福祉事業、当事者のことを最優先にするならば、健常者の支援者を0にしていくことが望ましい。そうならない限り、前に進んでいくことはないだろう。

 

*発達障碍者としての感想です。他の障碍であった場合、異なることもあります。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. B型作業所に通う場合の注意点
  2. 雇用保険制度の変更点
  3. リーゼを減薬してみた
  4. 支援員の悲しい現実
  5. 榊原哲也『医療ケアを問いなおす-患者をトータルに見ることの現象学…
  6. 障碍者の多くは距離感を改善した方がいい
  7. 条件付きで訓練費を支給される就労移行事業所もある
  8. 精神科を変更する場合にやっておきたいこと

おすすめ記事

ブックカバーは必要、それとも不要

  本屋で小説などにブックカバーをつける、光景を目にすることはありませんか。&n…

アトリエ・レダクラフト

「職を極めて職人として生きる」をコンセプトにした手にを職をつけることで自立を目指す一般就労に限りなく…

あじさい相談支援センター

相談支援事業を通して、地域福祉に資することを目的とする。…

就労定着支援事業所 ウェルビー錦糸町センター

事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者の意向、適性、障害の特性…

クローバー

利用者様の意思・人格尊重、利用者様の立場に立った就労支援。…

新着記事

PAGE TOP