人生

格差を生み出す要因

 

   人生とは不平等なもの。平等といえるのは生まれてきた人間が、魂を天に返すことのみ。その他のことについては何一つ平等ではない。

 

 不平等の要因となるものを以下に羅列する。

 

人間の能力が均一でない

 誕生したときから、個々の能力は異なる。そのために力関係が生まれることとなる。全員が平等というのは理想だが、現実的にありえない。

 誕生時に病気を抱えていると、のちのちの人生における災いとなる。(重度だとかなり厳しい)

 

環境が異なる

 能力はほぼ同じであっても、環境によって差が生じることになる。周囲の交友関係で人生は、プラス、マイナスのどちらにも傾く。マイナスと接していると、大人になってから苦労することになる。人生を絶たれることも稀に起こる。

 

住んでいる地域

 都会、地方によっても大きく変わる。色々なものに触れあえる都会の方が、レベルアップに適した環境といえる。狭い領域にとじこもっていては、感受性を豊かにすることは難しい。

 

親の収入

 収入が多い学生ほど、学校の成績がよくなる傾向がある。大学進学といった進路にも影響を及ぼすため、人生を大きく左右することになる。

 

本人の努力

 遊びつづけてきた、努力を重ねた人間では差が生じる。日常の努力を怠らないようにしたい。(1日30分で構わないから継続しよう)

 

就職した会社における出来事

 入社した会社で躓くと、後々の人生に影響を及ぼす。社長でなければ、業績悪化のリストラ、倒産を回避することはできない。

 

 

 社会の成功の秘訣は運鈍根(うんどんこん)といわれるように、運の部分が多くを占める。運が悪いと、人生をよくすることはできない。お祈りするしかないのが正直なところなのかもしれない。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 結果主義は障碍者にとって生きにくい
  2. 新薬には処方制限がある
  3. 頑張る、努力するという概念を捨てよう
  4. 支援機関への登録は慎重にすべき
  5. 障碍者として生まれたために失ったもの
  6. テレワーク後に感じるようになった出社ストレス
  7. 遺産相続で、もめないために
  8. 休職中であっても条件を満たせば、就労移行事業所を利用可能

おすすめ記事

goody

適正な運営を確保するために必要な人員及び運営管理に関する事項を定め、相談支援事業等の円滑な運営管理を…

就労実績をあげている事業所の紹介(事業所は北海道)

  就労移行に通所する場合、名前の知られている事業所(リタリコ、ウェルビー)であるこ…

粉浜作業指導所

アルファリンク

にじいろ

新着記事

PAGE TOP