人生

格差を生み出す要因

 

   人生とは不平等なもの。平等といえるのは生まれてきた人間が、魂を天に返すことのみ。その他のことについては何一つ平等ではない。

 

 不平等の要因となるものを以下に羅列する。

 

人間の能力が均一でない

 誕生したときから、個々の能力は異なる。そのために力関係が生まれることとなる。全員が平等というのは理想だが、現実的にありえない。

 誕生時に病気を抱えていると、のちのちの人生における災いとなる。(重度だとかなり厳しい)

 

環境が異なる

 能力はほぼ同じであっても、環境によって差が生じることになる。周囲の交友関係で人生は、プラス、マイナスのどちらにも傾く。マイナスと接していると、大人になってから苦労することになる。人生を絶たれることも稀に起こる。

 

住んでいる地域

 都会、地方によっても大きく変わる。色々なものに触れあえる都会の方が、レベルアップに適した環境といえる。狭い領域にとじこもっていては、感受性を豊かにすることは難しい。

 

親の収入

 収入が多い学生ほど、学校の成績がよくなる傾向がある。大学進学といった進路にも影響を及ぼすため、人生を大きく左右することになる。

 

本人の努力

 遊びつづけてきた、努力を重ねた人間では差が生じる。日常の努力を怠らないようにしたい。(1日30分で構わないから継続しよう)

 

就職した会社における出来事

 入社した会社で躓くと、後々の人生に影響を及ぼす。社長でなければ、業績悪化のリストラ、倒産を回避することはできない。

 

 

 社会の成功の秘訣は運鈍根(うんどんこん)といわれるように、運の部分が多くを占める。運が悪いと、人生をよくすることはできない。お祈りするしかないのが正直なところなのかもしれない。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 障碍について【先天性と後天性の違い】
  2. 兵庫県の障害手帳(取得条件など)
  3. 欠点を誇りに思う考え方
  4. 社会で真の成功を収めるために
  5. 事件は起こした当人だけが悪い
  6. 善意ほど怖いものはない
  7. 自殺者数が減少傾向にある
  8. 障碍者の切なる願い

おすすめ記事

『病気の辛さは…』

病気の辛さは…なった本人しか分からない。だか…

ワンダーセンス

ブナの木園

円滑な運営管理を図るとともに、利用者の意思及び人格を尊重して、常に当該利用者の立場に立った適切なサー…

相談支援センターしょうぶ

事業は、利用者がその有する能力及び適性に応じ、自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、保…

指定相談支援事業所 たんぽぽ

1.利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、当該利用者の身体の状況、その置かれて…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP