福祉・医療

空気を読むのと他人の感情を理解するのは別問題【障碍者編】

 

 障碍者は空気を読むのを苦手としている。それについては間違っていないと思う。健常者は場の雰囲気を壊さないように心がけている。

 空気を読めないからといって、他人の感情を汲み取る力が劣っているわけではない。こちらについては一般人もほぼ同じだ。その部分については自分を責める必要はどこにもないので、社会常識とは切り離して考えるようにしよう。

 一般人の行動を振り返ってみる。一般常識(学校にたとえると遅刻するな、授業を真面目に受けろ、帰宅時間を守りなさいなど)には触れても、「第三者の感情を読み取れるようになりなさい」と口にする機会はほとんどない。己の首を絞めかねないようなことを、意図的に避けるようにしているのだろう。第三者をいい方向に導きなさいというのは、一般人が最も触れられたくない部分なのである。

仮に他者の心を読む能力が求められる社会になったら、障碍者だけでなく健常者も口を開けなくなる確率が極めて高くなる。99パーセント以上の人間は、間違った選択肢によって他人を苦しめている。直観力に長けた人間というのは限りなくゼロに近い。

 空気が読めなくとも、他人の感情を読む能力があれば生きることは充分に可能。自分らしさを追求してもいいのではなかろうか。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 障碍者同士であっても、分かり合えないことは多い
  2. パソコンで写真の編集を行うB型作業所の紹介
  3. 障碍者枠は週に30時間以上働くことが求められる.
  4. 厚生年金の加入拡大
  5. バリアフリー法の改正(今後の課題)
  6. 障碍者支援の支援員は選べるようにしてほしい
  7. 自殺者数が減少傾向にある
  8. ハローワークに配置されたサポーターの是非

おすすめ記事

就労継続支援B型 かつら共同作業所

1 事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するととも…

塚口福成園

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、通常の事業所に雇用される事が困難であって…

サポートセンター花音

利用者が地域において自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、保健、医療、福祉、就労支援、…

バターのいとこ

第4回☆世界の国と国旗(アフガニスタン編)

皆様こんにちは!桐谷 凛花(きりたに りんか)です。&nbs…

新着記事

PAGE TOP