福祉・医療

支援者ができるのは一つだけ【障碍編】

 

 障碍者支援の場で、支援者に悩みを相談するメリットは薄い。

 一番の理由に挙げられるのは、生きてきた世界観が異なるから。障碍の苦労を伝えたとしても、支援者には全内容の一割すら伝わっていない。最悪の場合0パーセントということもありえる。彼らは想像の世界でしか、当人を思い描くことはできない。予想で当事者の苦しみを的中させられるほど現実は甘くない。 

 話を聞いたとしても、真意を理解できないのであれば相談する意味はない。職場で障碍についての研修を受けているみたいだけど、なんのために行っているのだろうか。定期的な相談をしている限り、重要な部分を学んでいるようには思えない。人間の心理を学ぶためには、話を聞いているだけでは難しい。

 無駄な時間を費やすのであれば、仕事を獲得するために動けばいいのに。障碍者の支援者ができるサポートは、利用者の所得を増やす、障害年金、生活保護といった金銭面に関わることが中心。他の部分については、ほとんど役に立たない。

 所得が増えれば、自然と笑顔になる機会が増える。お金をもらえるような、サポートに徹してほしい。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. A型作業所、B型作業所、就労移行支援にすぐに通所できるようにして…
  2. ハローワークに配置されたサポーターの是非
  3. 障碍者が一般会社で働く難しさ2
  4. 障碍者はどのような分野に就職するのか
  5. 障碍について理解を深めると
  6. 発達障碍は適性がはっきりしている
  7. カード式の障碍者手帳もある
  8. 交通費を全額負担、資格試験は無料の就労移行事業所の紹介

おすすめ記事

松本ひよこ

利用者が基本的人権を享受する個人としての尊厳にふさわしい日常生活又は社会生活を営むことができるよう、…

山川がんばろう館

「がんばろう!がんばろう!そしてありがとう!」を合言葉として、職員・利用者が一体となっていきいきと作…

一松工房

利用者の意思及び人格を尊重し、利用者の立場に立った適切な自立支援を行うことを目的とする。利用者が有す…

ワークサポートひとつ

利用者の意思と尊厳を尊重し、就労の機会を提供するとともに、利用者が自立した日常生活及び社会生活を営む…

ワーク&ショップ<はらっぱ>

新着記事

PAGE TOP